加入団体(順不同)


超音波工業会
http://homepage3.nifty.com/usmaj/

奈良友好会
http://narayuukoukai.hp.infoseek.co.jp/

(社)大阪府技術協会
http://www.tri.pref.osaka.jp/dantai/g-kyoukai/kaiin.htm

平群町商工会
http://www4.kcn.ne.jp/~heguri-s/



環境関連(順不同)

国土交通省 水資源
http://www.mlit.go.jp/tochimizushigen/mizsei/index.html

水資源機構
http://www.water.go.jp/

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/index.html
安全衛生情報センター
http://www.jaish.gr.jp/index.html

奈良県の環境情報サイト「エコなら」
http://www.eco.pref.nara.jp/


出展会場情報

OMM(大阪マーチャンダイズ・マート)
http://www.omm.co.jp/

インテックス大阪
http://www.intex-osaka.com/

東京ビッグサイト(東京国際展示場)
http://www.bigsight.jp/

滋賀県立長浜ドーム
http://www1.biwakosportsnow.or.jp/user/sigadome/

元気ビジネスフェアNANTO
http://www.business-nanto.com/

マイドームおおさか
http://www.mydome.jp/mydomeosaka/
[PR]
# by separator | 2008-05-28 16:52 | リンク集
精密電子機器・部品を中心とした
有機汚染物質/アウトガスの発生メカニズムとトラブル対策事例集(執筆)
★ポリマー材料を中心として無数に存在する、材料からのアウトガスをいかに低減するか!
★各種設備における構成材料をどのように選定し、どのように使用するか!
★HDD・半導体・ディスプレイなどにおけるトラブル事例と、具体的対策!
発刊 2008年1月31日
体 裁 B5判 336頁 上製本
<購入はこちら>http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1434.htm
[PR]
# by separator | 2008-02-01 14:05 | 執筆
エレクトロニクス洗浄技術
~目的に合った最適な洗浄剤、洗浄プロセスの選定と装置の設置管理および洗浄効果の評価~
★ 洗浄の成否が部品,機器の性能を大きく左右する!!
★シリコン基板、FEOL、BEOL、CMP、CMOS、ディスプレイ、実装基板、光学ガラス、自動車部品等の洗浄
発刊 2007年12月28日
体裁 B5判 485頁
<購入はこちら>http://www.enplanet.com/Company/00000359/Ja/Data/n021.html
[PR]
# by separator | 2007-12-28 14:02 | 執筆
“汚れ”は本当に落ちているのか?
最適な洗浄工程を構築するためのノウハウを一冊に凝縮!
ウェット・ドライプロセスによるLCD、PDP、有機EL、微細配線、
光ディスク、光学素子・部品の(超)精密洗浄と洗浄度評価(執筆)
●発刊:2005年8月末日 ●体裁:B5判 407頁 ●定価:84,000円(税込)
<購入はこちら> http://www.singijutu.com/siryo/000117.html
[PR]
# by separator | 2005-09-27 14:00 | 執筆
■会場 東京ビッグサイト 会議棟 1F 102号室
■技術発表 「旨い水と除菌効果」 

「水」を番地に付けて、どのような―「酸性水なの」・「中性水なの」・「アルカリ性水なの」―と各種の水を指定する試みを「pH-ORP-Pe」(水素イオン濃度―酸化還元電位―電子要求濃度)で試みた。

特に食塩水の電気分解について生成される水の番地指定を図1に示した。

因みに、血液の番地を中心としてその電解水としての「酸性水-アルカリ性水」の経時的挙動を図1で図解した。「リンゲル注射液」として用いられる「生理食塩水」のpH-ORP-Peが血液と約同等番地であることは図より明白である。

 そして「旨い水」も15℃近傍でpH-ORP-Pe共に血液番地に近いほど「旨く」感じることが盲目テストで明らかになった。

 食塩電解水を用いた除菌力水はpH2.5、ORP1.3Vで指定され、この水を強電解酸性(化)水という。

電解水の除菌の特徴は
1.瞬時殺菌できる
2.全ての菌の殺菌能を持つ。
3.耐性発生がなく、副作用がない、というこの3つの同時効果がその特徴である。

次亜塩素酸ソーダーでは同効果は期待できない。よって物理化学的性能を電解水に求めると、pH=-log[H+]であり、Pe=-log[e-]である。

これはpHが小さい(酸性側)ことは酸性O2-が多くH+の要求度が高くPeが大きい時は電子要求度が高いことを意味している。

菌の単純細胞はタンパク構造体のチャンネルを形成している。このタンパク構造体の端はプラスかマイナスに帯電していて、この帯電体が高Peの強酸化水に接触すると、マイナスの電荷が瞬時に奪われる。よってタンパク構造体は破壊され、細胞膜は破れ、内部DNAが流出して死滅する。この現象は、細菌の種類に依存しない。

当然のことながらpH11前後の場合は逆にプラス電荷が瞬時に奪われることが言える。

これらの現象は電気エネルギーとして得られたPeの現象に依存しているといえる。

例として、電解水の除菌の威力を黄色ブドウ球菌や大腸菌を用いて示した。
a0114308_13521868.jpg

[PR]
■会場 東京ビッグサイト 会議棟 1F 102号室
■技術発表 「旨い水、洗浄力のある水」
[PR]
■会場 東京ビッグサイト 会議棟 6F 605/606号室
■技術発表 「電解水の謎解き----手法」
[PR]
■会場 東京ビッグサイト 会議棟 6F 607/608会議室
■技術発表「超大型低温処理用炭化水素系洗浄機」
[PR]
■会場 東京ビッグサイト 会議棟 6F 607/608会議室
■技術発表「インライン型量産部品の水系洗浄システム」
[PR]