<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

“汚れ”は本当に落ちているのか?
最適な洗浄工程を構築するためのノウハウを一冊に凝縮!
ウェット・ドライプロセスによるLCD、PDP、有機EL、微細配線、
光ディスク、光学素子・部品の(超)精密洗浄と洗浄度評価(執筆)
●発刊:2005年8月末日 ●体裁:B5判 407頁 ●定価:84,000円(税込)
<購入はこちら> http://www.singijutu.com/siryo/000117.html
[PR]
by separator | 2005-09-27 14:00 | 執筆
■会場 東京ビッグサイト 会議棟 1F 102号室
■技術発表 「旨い水と除菌効果」 

「水」を番地に付けて、どのような―「酸性水なの」・「中性水なの」・「アルカリ性水なの」―と各種の水を指定する試みを「pH-ORP-Pe」(水素イオン濃度―酸化還元電位―電子要求濃度)で試みた。

特に食塩水の電気分解について生成される水の番地指定を図1に示した。

因みに、血液の番地を中心としてその電解水としての「酸性水-アルカリ性水」の経時的挙動を図1で図解した。「リンゲル注射液」として用いられる「生理食塩水」のpH-ORP-Peが血液と約同等番地であることは図より明白である。

 そして「旨い水」も15℃近傍でpH-ORP-Pe共に血液番地に近いほど「旨く」感じることが盲目テストで明らかになった。

 食塩電解水を用いた除菌力水はpH2.5、ORP1.3Vで指定され、この水を強電解酸性(化)水という。

電解水の除菌の特徴は
1.瞬時殺菌できる
2.全ての菌の殺菌能を持つ。
3.耐性発生がなく、副作用がない、というこの3つの同時効果がその特徴である。

次亜塩素酸ソーダーでは同効果は期待できない。よって物理化学的性能を電解水に求めると、pH=-log[H+]であり、Pe=-log[e-]である。

これはpHが小さい(酸性側)ことは酸性O2-が多くH+の要求度が高くPeが大きい時は電子要求度が高いことを意味している。

菌の単純細胞はタンパク構造体のチャンネルを形成している。このタンパク構造体の端はプラスかマイナスに帯電していて、この帯電体が高Peの強酸化水に接触すると、マイナスの電荷が瞬時に奪われる。よってタンパク構造体は破壊され、細胞膜は破れ、内部DNAが流出して死滅する。この現象は、細菌の種類に依存しない。

当然のことながらpH11前後の場合は逆にプラス電荷が瞬時に奪われることが言える。

これらの現象は電気エネルギーとして得られたPeの現象に依存しているといえる。

例として、電解水の除菌の威力を黄色ブドウ球菌や大腸菌を用いて示した。
a0114308_13521868.jpg

[PR]